スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気にならない生き方 2 実践編

病気にならない生き方 2 実践編 (2)。

新谷弘実・著。

価格:¥ 1,680 (税込)

単行本:269ページ

出版社:サンマーク出版

▼ 内容 ▼

刊行以来、老若男女を問わず、100万人以上の読者から「目からウロコが落ちた」「いままでの常識が覆された」と絶賛された『病気にならない生き方』。その待望の第二弾がいよいよ刊行となります。

本書は前作を踏まえ、ではいったいどうすれば「病気にならない生き方」を歩んでいけるのかを、できるだけ具体的に、かつわかりやすく、書き下ろしたものです。前作が「究極の理想を謳った書」だとすれば、本書は誰もが楽しみながら健康な食生活を送るための「実践の書」といえるでしょう。

たんなる「健康オタク」として生きる道ではなく、幸せで健康な人生をより長く送っていただくための健康法、人生をガラリと変える「病気にならない生き方」実践法をお届けします。

【目次より】

◎ 人間の体は本来、病気にならないようにできている
◎ 低体温の人はガンになりやすい
◎ インド人がガンジス川の水を飲めるのはなぜか?
◎ 「白い食品」は「体によくない食品」と考えよ
◎ 口呼吸は病気の引き金となるので要注意
◎ 90歳まで長生きする愛煙家がいるのはなぜ?
◎ 日本人が知らないトランス脂肪酸の恐怖
◎ 腸は自ら考える「第二の脳」である
◎ 工場由来の食品に命は宿っていない
◎ 毒素レベルがチェックできる50の質問  ほか

▼ 著者紹介 ▼

しんや・ひろみ

ニューヨークに在住する、米国ナンバーワンの胃腸内視鏡外科医。世界で初めて、新谷式と呼ばれる大腸内視鏡の挿入法を考案し、開腹手術することなく大腸内視鏡によるポリープ切除に成功し、医学界に大きく貢献する。日米でおよそ30万例以上の胃腸内視鏡検査と9万例以上のポリープ切除術を行っている、この分野の世界的権威。

1935年、福岡県生まれ。順天堂大学医学部卒業後、渡米し、胃腸内視鏡学のパイオニアとして活躍。現在、アルバート・アインシュタイン医科大学外科教授およびベス・イスラエル病院内視鏡部長。

関連記事
わが居場所まとめブログ
Google+
livedoorプロフィール
Zoolit Profile
Zoolit
忍者カウンター
検索フォーム
DandyID
アバウトミー
最新の記事
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

グーグル・アナリティク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。